経費精算システム比較GUIDE

経費精算システムを色々な角度から比較!是非、ご覧ください!

ネクストICカード

総合評価 ★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★
満足度 ★★★★
公式サイトへ

ネクストICカードは交通費などの経費精算をする時に使うと便利で、営業をする時に使った交通機関の経路などの報告を受けてデータを記録すると管理できます。経費を正しく精算する時は正確な情報を記録し、作業を効率化すると効果的です。

ネクストICカードは社員が申請したデータを記録でき、手入力をする手間や時間を省けます。経費精算をする時は正確なデータを入力することが重要で、社員の申請を承認して記録する流れをスムーズにすると確認をする手間が省けるため便利です。

ネクストICカードで経費精算をするメリットは社員の申請を承認して記録するだけでデータを管理でき、作業に必要な人員が不要で企業の人員配置を効率化して人件費を減らすことができるため企業の利益につながることです。

» 続きを読む

Staple

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★
公式サイトへ

企業における経費精算管理はとても複雑で手間がかかります。扱うデータの量が膨大なため最新のデータが分からなくなったり、ひとたびミスが起こればその修正に莫大な時間がかかったりします。その手間を解消すべく、クラウドベースの経費精算システムStapleを開発しました。

Stapleはスマートフォンを始めとする携帯端末から経費レポートの作成を行えます。作成したレポートはクラウドサーバーに保存でき、管理者はそのレポートを一括で受信できるため、確認や承認作業をまとめて行うことができます。

経費の分別をしたい時は勘定科目のカスタマイズ機能を使えば直感的に設定できます。Stapleはシンプルかつ柔軟な経費精算システムです。どのような物か知りたい人は、まずは30日間の無料トライアルを試してください。

» 続きを読む

奉行クリック

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★
掲載情報量 ★★★
サービス内容 ★★★
満足度 ★★★
公式サイトへ

経費精算システムを入れたいけど、たくさんあってどのシステムが自分の求めているものか検討しづらいというとき、奉行クリックのサイトを見るとわかりやすいです。目的から探し出せたり、運用業務別に探すこともできます。

業種から探すことも可能で、製造業や小売業、建設業など自分の業種に必要な業務を考えなくても一目瞭然でわかります。業務別に探す場合、財務会計、人事労務、販売仕入に分かれます。それぞれ業務をわかりやすいMAPで示してあるので、システムに詳しくなくてもいいどころか、その業務に詳しくなくてもどういった業務システムなのか簡単に理解できます。

また、最新の課題からその解決策を導くシステムを探すこともできます。サイトからセミナーを聞いたり、リモートデモをすることができるので、問い合わせしなくとも事前にどういったものなのか徹底的に調べられるのも特徴です。よってお門違いのシステム検討といった時間の無駄をせずに済みます。

» 続きを読む

freee

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★
掲載情報量 ★★★
サービス内容 ★★★★★★★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトへ

経費精算ソフトのfreeeはクラウドシステムを利用することで、経費精算にかかるコストを最小限に抑えます。freeeを導入することで、面倒な計算から解放されることでより創造的な活動を行えるようにサポートしています。

freeeではスマートフォンで領収書を撮影するだけで簡単に経費の申請を行うことができます。写真撮影後、わずか4項目を入力するだけで処理が終わります。更に経費を承認する人は、撮影された領収書と申請内容を同時にチェックすることが可能であるので、承認の手間を省くことができます。

更に承認した経費を最短で1クリックするだけで、freeeに登録することが可能であります。ソフトに登録することで経費精算と会計処理が同時に行われるため、手間を省くことが可能となります。またfreeeでは無料でお試しが出来るサービスも行っています。

» 続きを読む

チームスピリット

総合評価 ★★★
使いやすさ ★★★
掲載情報量 ★★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★
公式サイトへ

企業の利益を上げるためには経費を安くする方法を探すことが重要で、経費精算をするコツを知ると効果があります。チームスピリットは交通費などのかかる費用を整理できるため、システムを確かめて利用すると便利です。

チームスピリットは多くの企業で導入されており、事例などを確かめると効果や使い方のコツが分かります。かかる経費を安くする方法は勘定項目ごとに整理し、内容を確かめて見直すと良いでしょう。経費は考え方次第で減らせるため、サイトを使って整理をすると効果的です。

チームスピリットで経費精算をするメリットは事前承認と事後精算のセットをワークフローで管理でき、データを管理できるために作業を効率化できることです。利用する時は月額使用料が安く手軽に使えるため、登録をすると様々な点で役に立ちます。

» 続きを読む

楽楽精算

総合評価 ★★★★★
使いやすさ ★★★★
掲載情報量 ★★★
サービス内容 ★★★★★
満足度 ★★★★
公式サイトへ

「楽楽精算」とは、精算業務を電子化し、一元的に管理できるシステムのことです。経費精算業務はすべての企業でなされていますが、煩雑な事務のため頭を悩ませている会社も多いです。「楽楽精算」では、経費はもちろん、交通費、交際費、出張費等すべての精算業務を一括管理することができます。紙媒体やExcelでの管理も可能ではありますが、事務処理が大変になってしまいますが、「楽楽精算」なら簡単に処理でき、効率的な業務遂行が可能となります。

「楽楽精算」のメリットは非常に大きいです。まず、経費申請者は効率的に管理できるので、申請業務がスムーズに進みますし、外出先からでも申請することができます。また、承認者は、承認すべき申請を一括的に処理できるので時間短縮ができます。さらに、経理担当者の負担業務も減りますから業務が楽になりますし、これらの効果に伴い会社全体の経費削減になりますから、「楽楽精算」は、経営者にとってもメリットが大きいです。

「楽楽精算」には上記のようにメリットがたくさんあります。実際、企業の導入実績が非常に高く、圧倒的な信頼を得ています。効果の高さに比べると費用が低額ですから、費用対効果は絶大な大きさです。無料トライアルもありますから、是非利用してみましょう。

» 続きを読む